スマホで撮った自撮り動画をバレずに管理する方法

本記事はタイトルの通り、個人撮影したエッチな自撮り動画をバレずに管理するための方法をいくつかご紹介します。

恋人や奥さんにスマホを見られたとき、浮気相手との動画を見られでもしたら…。

想像しただけでも地獄絵図ですよね。

既婚者なら離婚どころか決定的な証拠として裁判でも使われてしまうかも。

そんな事態にならないためには、絶対に見られてはいけません。

この記事では以下の方法をご紹介。

  • シークレットアプリを使用し、さらにホーム画面から見えないようにする
  • クラウドを利用する

隠し方は色々ですが、この2つのどちらかを使っていればまず問題ないかなと思います。

この記事の中の人

界隈歴23年。女性経験3桁以上(もはや不明)
コスパ重視で出会える方法を考え実践。

お金かけるならサイトよりデートに。
ワリキリ女よりイイ女に。

セフレ以上不倫未満の関係を求める男性に出会いと遊びのノウハウをご提供します。

X(Twitter)はこちら↓
ウンディ(@shikounokairaku


INDEX

シークレットアプリ+見えないように

撮った動画をそのまま標準アプリ内に残していませんか?

スマホ見られたときにバレちゃいますよ!

ということで、撮った動画や写真はシークレットアプリに保存してしまいましょう。

ロックがかかりますし、勝手に見られることもありません。

僕がいつも使っているのは『Key』というアプリです。

鍵付きアルバム - さくっとシークレット

鍵付きアルバム – さくっとシークレット

Ms, Inc.無料posted withアプリーチ

無料で使えるので特にデメリットはありません。

このアプリは使い方が単純なのでとてもわかりやすいんですよね。

本記事ではiPhoneでの操作画面で説明していますが、Androidでも基本的には同じ操作になります。

Keyを開くと下図のようなロック画面になります。

顔認証や指紋認証にも対応しています。

ロックを解除すると保存されたファイルが表示されます。

使い方はKeyを開いて動画や写真が保存されているアプリ内からファイルを選択するだけ。

逆にKeyから標準アプリに送ることもできます。

以下で簡単に操作方法をご紹介します。

Keyに動画や写真を取り込む

まずは撮影した動画を取り込む操作です。

アプリを開き、右下のボタンをタップします。

別アプリの保存フォルダにアクセスするので隠したいファイルを選択して、下の保存をタップします。

保存が完了すると元ファイルを削除するか選択できます。残しておくとマズいことにもなりかねないので、削除を選択しておくといいかなと思います。

削除されたらOKをタップで完了です。

Keyで削除した動画や写真はゴミ箱に入ります。
写真アプリ内には残っていますので、確実に痕跡を消すためにゴミ箱からも削除をしておきましょう。

Keyから動画や写真を取り出す

続いてはKey内にあるファイルを取り出す場合の操作です。

取り出したいファイルを開き、右下の・・・をタップします。

4つのアイコンが表示されるので一番上のアイコンをタップします。

出力先が表示されるので画像を保存選択します。

これで保存完了です。

保存先のアプリを開いてファイルが保存されているか確認しましょう。

ホーム画面から見えないようにする

シークレットアプリを使うとアプリ内のファイルを見られることはないですが、シークレットアプリを使っているということは分かってしまいます。

つまり、"何か隠している"ということはバレてしまうんですよね。

それもマズい…。

ということで、シークレットアプリ自体をパッと見分からないように隠してしまうこともできます。

ただ、僕はiPhoneユーザーなのでAndroidでも同じ事ができるかはわかりかねます。申し訳ありません。

ぜひ試してみてください。

この動画のようになります。音声はありません。

いくつかのアプリを入れたフォルダを作成し、そのフォルダの2ページ目に入れておきます。

1ページめのアプリがいっぱいにならなくても2ページ目を作る事ができるのでホーム画面からは見えません。

ただ、隅々まで細かく探されると見つかってしまいますが(笑)

それじゃぁ困る!絶対に見つからない隠し場所じゃなきゃダメなんだ!というかたは、次にご紹介するクラウドを利用する方法で管理してはどうでしょうか。

クラウドを利用する

今やファイル管理の常識のような存在になったクラウドストレージです。

ビジネスで使われる事が多いですが、自撮り動画などの隠したいファイルの保存先にも十分使えます。

クラウド側にファイルを全て保存しておけばスマホ内に残しておく必要がないので、スマホを隅々まで見られてもあやしいファイルやアプリが見つかる事はありません。

本記事でオススメするのはAndroidでもiPhoneでも使える4つのクラウドストレージです。

  • MEGA
  • box
  • Amazon Photo
  • Google Drive

この4つなら使いやすく信頼性もあるためどれを選んでもまず問題ないと思います。

MEGA

MEGAは無料で利用できるストレージ容量が50GBもあり、ストレージサービスの中では最大容量です。

50GBもあればかなりの数の自撮り動画を保存しておく事ができますね。

さらに利用している端末内の写真や動画を自動的にクラウド内にバックアップする機能もあるので、誤って消してしまうような事があっても安心です。

クラウドストレージの利用がはじめてのかたや、できるだけ無料で使いたいというかたにオススメです。

MEGAにアクセス

MEGAのプラン

プラン名容量月額料金
無料プラン50GB無料
プロ・ライト400GB約600円
プロ Ⅰ2TB約1,250円
プロ Ⅱ8TB約2,500円
プロ Ⅲ16TB約3,800円

box

boxの特徴はなんといってもセキュリティと使い勝手。

そのセキュリティの強さや使い勝手の良さから企業型クラウドストレージの中でも世界中の企業が利用し、圧倒的なシェア率を誇っています。

でも個人が使うのはどうなの?というところですが、もちろん個人が使うのにも適しています。

無料で使える容量が10GBあるので個人撮影した動画を保存しておくのにも十分です。

boxにアクセス

boxのプラン

プラン名容量月額料金
無料プラン10GB無料
Personal Proプラン100GB1,200円

Amazon Photo

Amazon Photoの特徴はなんといっても写真の保存が容量無制限というところ。

圧縮されることもなくそのままの大きさで保存されるのでクラウドからダウンロードした時でも画像の劣化がありません。

ただ、容量無制限にするにはAmazonプライム会員である事が条件になります。

Amazonプライムにアクセス

Amazonプライムの会員特典はこのPhotoだけでなく、お急ぎ便が無料だったり Prime Videoが見放題だったりと沢山の特典が付いてくるのでコスパがとてもいいです。

Photoの動画保存に関しては5GBの容量制限がありますので、他のクラウドに比べて少し少ないですね。

Amazon Photoのプラン

プラン名容量月額料金
フォトストレージ無制限500円(プライム会員価格)
ビデオストレージ5GB500円(プライム会員価格)
100GBプラン100GB250円
1Tプラン1TB1,300円
2Tプラン2TB2,600円

Google Drive

Google運営のクラウドストレージサービスがGoogle Driveです。

無料で利用できる容量は15GBなので大きめですね。

ただ、GmailやGoogle Photoとストレージを共有しているのでそっちで容量を使っていると保存できる動画の数も限られてしまうので気をつけましょう。

Google Driveにアクセス

Google Driveのプラン

プラン名容量月額料金
無料プラン15GB無料
100GBプラン100GB250円
2TBプラン2TB1,300円
10TBプラン10TB6,500円
20TBプラン20TB13,000円
30TBプラン30TB19,500円

動画や写真をバレずに管理するポイント

この記事でご紹介したのは

  • シークレットアプリを使ってロックをかける+ホーム画面から見えなくする
  • クラウドストレージサービスを利用する

この2つです。

どちらも僕が使っている方法なのでバレる事はないですが、より確実なのはクラウドストレージを利用する方法です。

各社アプリがありますが、アプリではなくウェブからアクセスするようにすれば絶対にバレる事はないでしょう。

好きなだけ自撮り動画を撮って楽しみましょう!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
INDEX