【体験談】映画館で生ハメ中出しの羞恥プレイ

今回は映画館での羞恥プレイをしてきました。

生ハメからの中出しという最高のプレイですね。

実体験をできるだけ想像しやすいように描写したつもりです。

アブノーマルプレイに興味のある方は参考にしてみてください。

お相手は他の記事にも登場している女性ですが、知り合った時の彼女は29歳。今年で8年目と長いお付き合いをしてくれています。

この記事の中の人

界隈歴23年。女性経験3桁以上(もはや不明)
コスパ重視で出会える方法を考え実践。

お金かけるならサイトよりデートに。
ワリキリ女よりイイ女に。

セフレ以上不倫未満の関係を求める男性に出会いと遊びのノウハウをご提供します。

X(Twitter)はこちら↓
ウンディ(@shikounokairaku


INDEX

エチのお相手

ワクワクメールで知り合った当時29歳の専業主婦Mさん。
清楚系で綺麗めな主婦といった感じです。

出会いはアブノーマル系で募集をしたらメッセージをくれたのがきっかけです。何度かやり取りしたんですが、かなり性欲強め。できるなら毎日でもしたいと言うぐらいのエッチ好き。羞恥系のアブノーマルな事にも興味深々。

ちなみにこの女性と会うのはこの時で3回目です。

Mの他の記事はこちら

かなり性欲が強いド淫乱な清楚系人妻。普段の生活ではなかなか知り合うことがないですよね。これだから出会い系サイトはやめられない。

体験内容

待ち合わせ場所は大阪市内の映画館。梅田駅からちょっと歩いたところにある映画館です。

朝イチの上映だと人が少ないので、最初の上映時間に合わせて8時30分にロビーで待ち合わせをしました。

先に到着してロビーで待っていると

M『ごめーん!場所がわからなくて迷ってた…』

と小走りに駆け寄ってくる彼女。

約束の時間を過ぎていたので申し訳なさそうでした。
これから始まるプレイが楽しみで仕方ない僕はワクワク感でいっぱいなのでそんなことは気にもせず、早速チケットを買って目的の番号のシアターに入ります。

彼女の服装はタイト目なレーススカートに生足ハイヒール。時期は夏だったので上はTシャツでした。

そこの映画館は出入り口が真ん中あたりにあるので最後列に座ってしまえば後ろを気にしなくてすみます。

朝イチなのでお客さんは5.6人程度。僕たちの近くに座っている人はおらず、少し離れた前列の席に一人で座っている男の人が一番近かったですね。

座ってしばらくすると暗くなり映画が始まりました。
僕たちも会話をやめてキスから徐々にプレイ開始。

ねっとりとしたディープキスをしながらシャツの胸元に手を入れます。
胸はかなり小さめ。たぶんAカップですね。でも乳首の感度は良く、親指と人差し指でやさしくコリコリしてあげるとビクビクッと感じていました。

しばらく乳首を指と舌で愛撫し、そのまま手は下の方へ…。柔らかい生足の太ももを撫でます。僕は周りに気を配りつつ太ももからふくらはぎを何度も往復し、柔らかくて丁度いい肉付きの足をなで回して堪能。


彼女も気持ちがいいのか僕の手を受け入れ、だんだんと開いていく両足。

彼女の片足を僕の足の上に乗せ、片足だけ開脚した状態に。そしてそのままスカートの中へと手を入れていきます。

下着に近づくにつれ熱を持っているのが指先で感じ取れるほど。

下着に触れると生地の上から撫でるように淫部を指でこすってあげました。微かな吐息がもれ、ピクっという反応があります。

しばらく触っているともう彼女の両足は大股開き。
恥ずかしさのかけらもありません。

そこで両足を前の席にかけM字に開脚させて、いよいよ下着の脇から指を入れていきます。ズラして触れてみるともうかなりヌレヌレ。

優しく触れると彼女の声が漏れます。

ゆっくりと撫でるように触っているとだんだん彼女の息づかいも大きくなってきていました。

下着は真っ赤なTバック。それもただの紐だけのようなエロい形。自らそんな下着を選んだそう。それにもすごくそそられます。

もともとTバックは持っていなかった子なんですが、僕の好みに合わせて今はTバックしか履かないようになってしまいました。

指で割れ目をなぞるように触りつつクリを転がしているとどんどん愛液が溢れてきます。

しばらくイジってると我慢できないのか彼女自ら僕の指を自分の割れ目に押し込もうとしてきました。

僕『もう我慢できないの?』

と聞くと恥ずかしそうにうなずく彼女。

僕はゆっくりと中指を入れていきました。

気持ちいいようで大きなため息混じりの微かな喘ぐ声が聞こえます。

指を出し入れしつつ、くの字に曲げてGスポットを触ります。

淫部はもうかなりヌルヌル。

薬指も一緒に入れて2本に。するとさらに気持ちよさそうな吐息。

ゆっくりの手の動きからだんだん激しくなっていきます。それにつれて淫部の卑猥な音もだんだん大きく…。

周りに気づかれないように気をつかい、映画の音にかき消されるように動かしていました。映画の音がなければきっとグチュグチュッという音がシアター中に響き渡っていたはずです。

そのくらい濡れていました。

気持ちよくて声が出そうなのを一生懸命我慢している彼女の顔を見るとこっちまで興奮してきます。その顔を見ているともっと虐めたい衝動にかられ、さらに激しく動かすと

M『ん゙ん゙ー!!』

と声を我慢しながらビクビクと体をくねらせて反応しています。

すると彼女が我慢の限界みたい。息を荒げながら耳元で

M『舐めたい…』

と言ってくるので、僕はズボンをずらしてギンギンにイキリ立った肉棒を見せつけます。彼女は口を半開きにさせながら、周りを気にすることなくしゃぶりついてきました。席にすわったまま横からフェラの開始です。

この子は舐めるのがとても好きで、延々と舐めていられるタイプ。僕のを大きくて硬いと言って、気に入ってくれています。

なんともいえない卑猥な音をたてながら喉の奥まで咥えてくれます。快楽の時間。

周りを気にしないといけないですが、この時ばかりは目を閉じてしまいます。

しばらく舐めさせてあげると少し満足したようで、今度はシアター後ろの立ち見席スペースに移動です。

立見スペースは最後列の両脇にあり、少し死角になるようになっています。絶好のハメ場所です。

そしてそこではクンニ。彼女は立ったまま僕が下からパイパンを舐め回します。腰をガクガクさせながら感じている様子。そんな姿を見ているととても興奮します。

しばらくすると彼女はまた僕の肉棒を舐めたい様子。仁王立ちフェラです。僕は客席を背にして、彼女はM字開脚で淫部が客に丸見えの格好でフェラです。

時々壁に押し付けるようにすると、肉棒が喉奥に入っていき苦しそう。それでも懸命に舐めてくれる従順な彼女。

そろそろ我慢ができなくなり、彼女の片足を上げて正面からゆっくりと生で挿入します。いわゆる"立ちかなえ"の体位です。下着は履いたままのズラしハメ。こういう時Tバックはとても楽ですね。

思わず出そうになる声を我慢している彼女がとても可愛い。感じてる女性を見るとこっちも何倍も気持ちよくなりますね。

肉棒が入っているところを見るのが好きらしく、ズボズボと自分の淫部を出たり入ったりしているところを覗き込んでは感じていました。パイパンなのでよく見えます。

やったことある方は分かると思いますが、立ちかなえの体位はかなり奥まで入ってしまうんですね。僕はここでも意地悪なSっ気を出してしまい、彼女の淫壺に肉棒を根元まで咥え込ませます。

すると彼女が体をのけぞらせ、あまりの気持ちよさに思わず周りに聞こえるような喘ぎ声を。

映画の音にかき消されたようで周りには気付かれることはありませんでしたが、かなり大きな喘ぎ声だったと思います。

奥まで入れたままグリグリと淫壺の中を肉棒でかき回すと、これも気持ちのいいところに当たるようで下のクチから愛液がどんどん溢れて垂れてきていました。

僕も気持ち良すぎて思わずイキそうになったので一旦抜くと、彼女は立っていられない様子でしゃがみ込んでいました。しゃがむとちょうど目の前には自分の愛液でヌルヌルになっている僕の肉棒が。またしゃぶりたくなったのか咥えてきます。

さっきまで淫部に入っていた余韻があるらしく、咥えながら

『んんっ…んっ…』

と声を漏らしながらしゃぶっていました。

しゃぶりつく音もいやらしく、よく見るとよだれを垂らしながら咥えています。

出会った時はここまで淫乱なドスケベ人妻だとは思わなかったんですが、素質があったんでしょうね。

次は立ちバック。

後ろから思うがままに肉棒を突き立てます。奥まで入れてグリグリとかき回したり、先だけを出し入れしてみたり…。

場所を変えて、後ろから観客を見渡せる場所での立ちバック。振り向かれたら間違いなくバレてしまうような状況でドキドキしながら激しい出し入れ…。

激しく突いてるので我慢していても結構喘ぎ声が出てしまってます。シーンとした静かな状況だったら確実にバレてましたね(笑)

彼女もかなり気持ちいいようで何度も腰がガクガクしてました。

僕もイキそうになるのを何度か我慢してたけど、そろそろ我慢の限界だったので最後のスパート!

イク前の太く硬くなったガチガチの肉棒で激しく突き、そのまま彼女の中に大量に中出し。

彼女もビクンビクンと体が反応してます。それもまた僕の満足感を高めてくれます。彼女いわく肉棒がイク時の、ドクドクと波打つのを中で感じるのがたまらなく気持ちいいらしい。

男にはわからない感覚です…。

そしてその場でお掃除フェラ。綺麗にしてもらったあとはすぐさま次のプレイ。

肉棒が入っていた余韻があるまま、精子が出ないよう栓をするために大きめのリモコンバイブを挿入です。

そして映画館を出ました。

映画館での羞恥プレイは周りの人が見えるのでかなりドキドキしますが、背徳感を味わうにはとてもいい場所です。

ぜひ試してみてください!


この女性と出会ったのはワクワクメール
今でも利用していますが、性に飢えた女性はまだまだたくさんいます。

他のマチアプと違い出会い系は無料で始められるのでリスクがありません。

やり方次第でお金をかけずど変態美女と出会えますよ。その詳しいやり方は僕のX(@shikounokairaku)まで!無料で公開しています。

ワクワクメールの無料登録は

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
INDEX